ホーム > 催しもののご案内 > 「京の美術─洋画、日本画、工芸」/2020年9月19日(土)〜11月8日(日) 高崎市タワー美術館にて
件名 「京の美術─洋画、日本画、工芸」/2020年9月19日(土)〜11月8日(日) 高崎市タワー美術館にて
内容 令和2年度国立美術館巡回展・京都国立近代美術館所蔵品展
京(みやこ)の美術─洋画、日本画、工芸

本展覧会は、国立美術館の所蔵作品を活用し、広く国民の鑑賞機会の充実を図るとともに地域における近・現代美術の振興に資するため、独立行政法人国立美術館が巡回する「国立美術館巡回展」の令和2年度展で、京都市・岡崎公園にある京都国立近代美術館の所蔵品をご紹介するものです。
8世紀の平安遷都以来、都として栄えた京都は、日本文化、美術の中心地として重要な役割を果たし、古今多くの美術家を輩出するとともに、数々の美術運動の拠点ともなってきました。本展覧会では、京都国立近代美術館の所蔵品のなかから、京都ゆかりの美術家による洋画、日本画、工芸の名品約80点を展観し、多様に展開した京都の美術の魅力に迫ります。

展覧会ホームページ
http://www.city.takasaki.gunma.jp/docs/2020073000101/

ツイッター
https://twitter.com/TowerMuse (@TowerMuse)

上村松園《舞仕度》1914年 京都国立近代美術館所蔵

-----------------------

新型コロナウイルス感染症の感染防止のため、入館に際しましては、以下のご協力をお願い致します。

・健康状態申告書の記入、提出をお願いしております。
【健康状態申告書(http://sv703051.city.takasaki.gunma.jp/_preview/00000001/docs/2014021900025/files/sinnkoku.pdf)は受付でお書きいただけますが、こちらからプリントし、記入してお持ちいただけるとよりスムーズです。】
・検温、手指消毒にご協力ください。
・美術館内では、マスク等の着用をお願いします。
・発熱(37.5℃以上)や咳・咽頭痛などの症状のある方、体調に不安のある方は入館をご遠慮ください。
・入場制限を行うことがありますので、ご承知おきください。
・10名以上のグループでの入館は、人数と時間を調整させていただきます。 
画像
(画像をクリックすると拡大します)
添付ファイル 京の美術_チラシ.pdf
 
前の画面へ戻る
▲ページトップ