ホーム > 社会教育課からのおしらせ > 児童センターで「中・高・大学生等の子育て体験講座」を開催しました(7/25)
件名 児童センターで「中・高・大学生等の子育て体験講座」を開催しました(7/25)
内容  本講座は中学生、高校生、短大生、大学生、専門学校生を対象に、読み聞かせや手遊びなどを通じて実際に乳幼児とふれ合いながら、命の大切さや子育ての意義について考える講座です。

 7月25日(木)に高崎市総合福祉センター内児童センターで行われた本講座には、中学生2名、高校生8名、専門学校生・短大生5名の合計15名が参加しました。講師は高崎市社会教育講師として活躍されている神村秀子先生です。

 はじめに子どもの発達の各時期による赤ちゃんの心と身体の特徴を学びました。また、エリクソンのライフサイクルによる脳の発達についての説明も受けました。「発達段階で獲得するものが違う、この段階をしっかり踏ませることが重要」「脳の発達は赤ちゃんから一歳までが質量が倍になる、この時期の関わり方が非常に重要」など説明がありました。

 後半は、児童センターに来館された乳幼児たちと遊びました。
最初は自由にお母さん方から子育ての話を聴いたり、子どもと一緒に遊んだりしました。次にみんなで集まって、新聞紙を手で切って丸めてボールを作りカゴに入れる遊びをしました。その後講座に参加した学生が読み聞かせをしました。始めは恥ずかしがっていた子ども達も最後は笑顔でハイタッチをするなどとても和やかな雰囲気の中で体験ができました。

〈参加者の感想〉
★普段なかなか交わりをもてない小さな子とたくさん交われたので良かったです。また、講座を受けて、今まで以上に子どもに興味が湧き、もっとたくさんのことを知りたいと思うことができました。今回学んだことを将来活かしてこれから先も様々なことを学びたいです(高校・女子)

★最初のお話では子どもの特徴についてよくわかりました。将来役立てたいです。子どもたちのふれ合いのときもみんな(子ども達)が笑顔でいたのでとても嬉しかったです。とても貴重な体験をさせていただきました。ありがとうございました(中学・男子)

★子どもとふれ合うことはあっても、保護者も一緒にいる場での経験が少ないのですごくいい機会になりました。また、日ごとの発達過程も詳しく知ることができました。(専門学校・男子)

 
画像
(画像をクリックすると拡大します)
 
前の画面へ戻る
▲ページトップ