ホーム > 社会教育課からのおしらせ > 「子育て支援スキルアップ講座1」を開催しました(11/13中央公民館)
件名 「子育て支援スキルアップ講座1」を開催しました(11/13中央公民館)
内容 11月13日(火)、高崎市中央公民館視聴覚集会室を会場に高崎市家庭教育推進事業「子育て支援スキルアップ講座1」が開催されました。
 今回は講師として、昨年度、一昨年度の子育て支援者向け講座が大変好評であった児童精神科医の成田秀幸先生を再度お迎えし、「乳幼児期・学童期の子どもの理解と支援〜思春期に向けて、児童精神科医の視点から〜」という演題で話をしていただきました。
 優しい語り口で、具体的な場面や経験されてきたことをとてもわかりやすく説明してくだり、あっという間の2時間でした。

参加された方の感想を紹介します。

★障がいと一言で言うとマイナスなイメージですが、その子自身に問題があるのではなく、周りの環境を整えることで不利は生じないという考え方がとても印象に残りました。(20代女性)

★人と人とのつながりや相手にあわせた行動を取ることの大切さを感じました。言動が人を傷つけたり、成長させたり…。支援者としての立場を考えこれからの活動に生かしていかなくてはいけないと思いました。ありがとうございました。(60代女性)

★それぞれの支援が個別ではなく連携しあって親子を支援していくという考えが自分の中になかったので、そのことを知ることができたのが良かった。(20代女性)

★子どもとの関わりの中でその子の特性を生かしたキャッチボールをできるよう、自分の側が歩み寄る心がけを忘れないよう意識して生活したいと痛感しました。子ども本人の喜ぶ成功体験を小さい事から見つけていく。夫婦の関係が良好である様に努力していく事は子どもにとっても重要。問題行動はすぐに反応しすぎず客観的に…。暴言の裏には不安と自信のなさが表れている。本人の気持ちを理解するように努力しようと感じました。(40代女性) 
画像
(画像をクリックすると拡大します)
 
前の画面へ戻る
▲ページトップ