ホーム > 社会教育課からのおしらせ > 中河原保育園で「中・高・大学生等の子育て体験講座」を開催しました(8/1)
件名 中河原保育園で「中・高・大学生等の子育て体験講座」を開催しました(8/1)
内容 本講座は中学生、高校生、短大生、大学生、専門学校生を対象に、読み聞かせや手遊びなどを通して実際に乳幼児とふれ合いながら、命の大切さや子育ての意義について考える講座です。

8月1日(水)に中河原保育園で行われた本講座には、10名の高校生が参加しました。講師は、高崎市社会教育講師として活躍されている増谷幸乃先生です。

講義の前半は、赤ちゃんについて学びました。「えらの痕が耳のあたりにのこってうまれてくる赤ちゃんもいるのですよ」いう増谷先生の言葉に、高校生たちは驚きの表情を浮かべながら、互いに耳のあたりを確認していました。「自分の赤ちゃんの泣き声を聞くと、お母さんはイライラできる!」という話では、大きく頷きながら話を熱心に聞いている姿が印象的でした。
講義の後半は、子どもたちとのふれ合いのポイントを聞きました。

その後、0歳児さんと1歳児さんのクラスを中心にふれ合いました。ふれ合っている時の様子は感想に書かれていますのでご覧ください。
ふれ合いの後、振り返りを行いました。その後に保育園からのサプライズもあり大満足の参加者でした。

参加者の感想
★子どもとふれ合ってみて、最初は目も合わせてくれなくてどうしようと思ったけれど、おもちゃで遊んだら笑顔になってくれたのでうれしかったです。(高校・女子)
★とても勉強になりました。最初の説明はとてもわかりやすく、胎児に関する話しは知らないことが多くあり興味をもちました。子どもたちとのふれ合いを通して普段することができない貴重な経験ができました。ありがとうございました。(高校・女子)
★保育士を目指しているので今回の体験はとても良い経験になりました。(高校・女子)
★講師の方のお話しがとてもわかりやすくためになりました。0〜1歳児とかかわれる機会が、普段はほとんどないのでとても楽しかったです。(高校・女子)
★説明がわかりやすくてよかった。子どもと遊んで心が浄化されました。(高校・女子)
★子どもたちがまぶしかったです。0歳と1歳の違いを知ることができた。(高校・女子)
★良い経験になった。すごく楽しかった。来年も参加したい。(高校・女子)

 
画像
(画像をクリックすると拡大します)
 
前の画面へ戻る
▲ページトップ